日本の四字熟語に人馬一体という言葉があるように古来から人間と馬の関係は深いものですが、その流れを現在でも引き継いでいるものというのが競馬です。
日本の競馬は本場のヨーロッパのレースでも好成績を収めているのですが、この結果を生み出すことになったのは日本の馬の血の系譜を支えるの種牡馬の能力が上がったことです、種牡馬は活躍して引退した雄の牡馬が自らの遺伝子を残すためにある仕組みで、この種牡馬があることによって古来の活躍した馬の遺伝子と現在の活躍した遺伝子の系譜ができることで強くなります。
現在日本で大活躍した種牡馬というのは主に2頭であり、その2頭はサンデーサイレンスとステイゴールドとなります。

サンデーサイレンス アメリカ合衆国生まれの競走馬ですが、アメリカの種牡馬は主に砂地を走るダート専門が多いのですがサンデーサイレンスは現地でも珍しい芝を専門として走る馬だったのです。
当然ながらアメリカではダートが専門のためアメリカの重賞レースを勝ったとしても芝を走る馬はあまり評価されることはなかったため格安で販売されることになったのですが、この馬の素質を見抜いた当時の牧場主である吉田善哉がアメリカの牧場に購入を打診して1986年に日本に来たという流れになります。
それから1986年に来日したサンデーサイレンスは本場よりもパワーが少なくてすむ芝生の状態にマッチングすることになり、それから生涯を閉じる2002年までの間にサンデーサイレンスの系譜を受け継いだ子供たちが芝生の最高峰のレースのすべて制覇するという偉業を果たすことになります。

ステイゴールド 日本の馬の歴史の中にはオグリキャップのように実力もさることながら、その風貌が独特であることによってアイドルホースという形で愛される馬が存在します。
現在活躍する種牡馬の一頭にステイゴールドという馬が存在するのですが、この馬もその中の一というということになります。
この馬は戦績こそ重賞レースを一回か二回ほど勝っただけの馬ですが、、その戦績の理由には古来から気性が荒いことで有名だったナスルーラの系譜を受け継いでいたことです。
このナスルーラは欧州のレースで活躍した馬ですが気性の荒さで騎乗した騎手を落としてしまうことが多かったため問題のある馬だったのです。
しかし気性の荒さというのが時に馬が最強を生み出すことがあり、このステイゴールドの血を受け継いだ子たちも気性の荒いことを受け継いだ馬は活躍しないのですが気性の荒さを勝負根性として引き継いだ馬はゴールドシップやオルフェーブルといった海外でも通用する馬へとなるのです。

このように競馬は多くの名種牡馬達により血のドラマが繰り広げられる魅力的なブラッドスポーツです。
最近では即PATなどインターネットで馬券を購入する事も出来るようになり、優秀な種牡馬の子供たちを馬券で応援することが出来ます。
しかしせっかくなら馬券を的中させ、利益を得たいですよね。
ネットで簡単に稼げる競馬サイトなども多数ありますので、是非情報収集して的中率を高めてください。